20代大統領在外選
  • 在外選挙人登録申請期間 2020.02.16. ~ 2022.01.08.
閉じる X
검색
すべてのメニューを閉じる

広報印刷物

HOME > 広報広場 > 広報印刷物
Good 0 SNS Share(Facebook) SNS Share(Twitter) SNS Share(Kakao story) SNS Share(Naver blog) Print

在外投票

投稿者 : 슈퍼관리자 登録日 : 2017-03-30

 

第19代大統領選挙の在外選挙
在外選挙
在外選挙の流れ
投票期間
2017年 04月 25日 ~ 04月 30日
6日間/毎日午前8時~午後5時
投票所
大韓民国の在外公館(施設が狭い場合などは、代替施設を設置)
※ 詳細は在外選挙ホームページ(ok.nec.go.kr)または韓国・外交部ホームページ(www.mofa.go.kr)などで確認してください。
本人確認を行うところ
在外選挙人
国外不在者
在外選挙人は国籍確認書類の原本を提示します。
*国籍確認書類の例:ビザ、永住権証明書、長期滞在証、居住国政府発行の外国人登録証など
身分証明書を提示して本人確認を受けた後、「本人確認欄」に指印または署名ペンで署名・捺印します。
投票用紙と回送用封筒を交付するところ
投票用紙と回送用封筒を受け取ります。
投票記載台
投票記載台に備えられている用具で一人の候補者に記票した後、回送用封筒に入れます。
回送用封筒を密封するところ
投票記載台から出て回送用封筒を密封します。
投票箱
投票箱に回送用封筒を入れた後、投票所を出ます。
注意事項
在外投票所に行く時は、必ず身分証明書を持参してください。身分証明書がないと、投票できません。
身分証明書
パスポート、住民登録証、公務員証、運転免許証など顔写真付きのもので、本人確認ができる、大韓民国の政府機関または公共機関から発行された証明書。
顔写真付きで氏名と生年月日が記載され、本人であることが確認できる居住国政府から発行された証明書。
※在外選挙人は、必ず国籍確認に必要な書類の原本を持参して投票所に行かなければなりません。
次の場合は無効票になりますので、注意してください。
在外投票所から交付された投票用紙または回送用封筒を使用していない場合。
記票した後、回送用封筒を密封しないまま、投票箱に入れて発送した場合。
選挙管理委員会の記載用具ではない用具で記票した場合。
どの欄にも記票していない場合。
2つの欄にかけて記票した場合または2つ以上の欄に記票した場合
記票ではなく、文字や記号などを記入した場合
記票以外の事項を記入した場合